サービス一覧

その他の害虫防除

ハチ

人を刺し問題となるハチは、主にスズメバチ、アシナガバチ類です。ハチ刺されによる被害は激痛や腫れだけでなく、ハチ毒アレルギー者がアナフィラスキシーショックにより死亡することもあります。

ハチの生態

スズメバチは4月~5月にかけて、女王が一匹で巣を作り始め、営巣場所は種類によって異なります。

スズメバチの巣

種  類 営巣場所
キイロスズメバチ 樹枝、軒先、壁間
オオスズメバチ 土中、樹中
コガタスズメバチ 低木の枝、軒先、電線

約1ヶ月経過すると働蜂が羽化し、その後は働蜂が巣作り、育児を行います。幼虫の餌として、昆虫、くもなどを捕獲し、巣が最大限になるのは秋頃です。

一般的によく見かけられるのは、コガタスズメバチで、低木の枝中に巣を作るため、気がつかずに剪定を行って刺されることがあります。また巣に近づいたり、揺らしたり、騒いだりすると刺します。
スズメバチの巣を見つけたら、弊社へご連絡下さい。もしも刺されてしまったら、すぐに病院で診察してもらいましょう。

ハチの防除方法

専門スタッフがスズメバチ用の防護衣類を身につけ、即効性のピレスロイド 系殺虫剤を使用して駆除した後、巣の撤去を致します。

スズメバチ駆除