お問い合わせ

よくあるご質問

シロアリについて

ゴキブリについて

ネズミについて


シロアリについて
  • 日本には、シロアリは何種類くらいいるのですか?
  • イエシロアリ・ヤマトシロアリ・アメリカカンザイシロアリの写真

    日本には20種類以上が生息していますが、主にヤマトシロアリとイエシロアリの2種類のシロアリが建物に被害を及ぼします。また、最近では、外来種であるアメリカカンザイシロアリの被害も少しずつ広がっています。イラストはそれぞれの兵アリです。

▲ページのトップへ戻る

種  類 イエシロアリ ヤマトシロアリ
屋根裏・床下・土中・立木中・立木の根の下、壁の中に木クズなどを固めた巣を作る 加害木材中にコロニーができ、特別な巣は作らない
加害木材 湿った木材とは限らない 湿った木材を好む
加害部分 地上から上方、屋根裏まで 地上から近い部分のみ
加害痕 辺材、心材、
食べあとがきれい
主として辺材、
食べあとカスがきたない
羽アリ 体長・体色 6.5~8.5㎜、淡褐色 4.5~7.5㎜、淡黒色
飛び立つ時期 6~7月 4月中旬~5月中旬
飛び立つ時刻 夕方から夜間、灯火に群飛 雨後むし暑い昼間
兵アリ 体長 4.5~6.5㎜ 3.5~6.0㎜
頭形・頭色 卵形、淡黄色 楕円形、淡黄色
特長 白色の粘液を出す 粘液は出さない

▲ページのトップへ戻る

  • シロアリは何を食べるのですか?
  • シロアリは、木材、紙はもちろんのこと、プラスチック、鉛、コンクリート、ケーブルなども、消化はしませんが加害します。工場が停電した例もありますので、早めの処置が必要です。

▲ページのトップへ戻る

シロアリとアリの見分け方

  • アリの触覚は「く」の字ですが、シロアリの触覚は数珠状をしています。
  • アリの翅は前翅が後翅より大きいのに対し、シロアリの翅は同じ大きさです。
  • アリの体は腰が細くくびれていますが、シロアリは寸胴です。

▲ページのトップへ戻る

ゴキブリについて
  • 駆除に使う薬剤を教えて下さい。
  • 状況によって異なりますが、基本的にはジェルタイプの食毒剤を使用します。優れた駆除効果と急性毒性が弱く、皮膚、眼刺激性もなく非常に安全性の高い薬剤です。また、ベイト剤なので散布剤と異なり、人やペットがいる場所でも安心して使用できます。

▲ページのトップへ戻る

▲ページのトップへ戻る

▲ページのトップへ戻る

▲ページのトップへ戻る

▲ページのトップへ戻る

ネズミについて

▲ページのトップへ戻る

▲ページのトップへ戻る

  • ネズミの被害を教えて下さい。
  • 農産物、食品、商品の箱、ビニール、革製品、石鹸などを食害し、電線、ガス管等の咬害が原因による火災、ガス爆発など、またサルモネラ菌をはじめとした食中毒菌、感染症、寄生虫病の媒介などの被害があります。

▲ページのトップへ戻る

  • ネズミ駆除に使う薬剤はどのようなものですか?
  • クマリン系殺鼠剤を使っています。人畜に対する毒性は低く安全性に優れています。4~8日間連続して食べる必要があり、内出血、視力低下により比較的明るいところに出て死んでいきます。

▲ページのトップへ戻る

  • ネズミの駆除料金を教えて下さい。
  • 回りの環境、その他いろいろな要因によって料金が変わってきます。専門スタッフが訪問させていただき、調査、施工方法の打ち合わせ、お見積の提出をさせて頂きます。

▲ページのトップへ戻る